Skip to content

日本の歴史が詰まった神前式

皆さんは結婚式を行う際、挙式はどのような形式を思い浮かべますか。やはりウエディングドレスを着てブーケトスをする教会式がメジャーでしょうか。日本由来のある神前式というものはご存知でしょうか。今回は神前式の魅力をまとめてみました。まず第一に神前式とは神社にて行われる日本の伝統ある形式です。

家と家との結びつきを大切にしたい人や日本古来からの形式を大切にしたいといった人達におすすめです。第二に白無垢や打掛など着物の種類です。今は結婚式の会場のお色直し時に着ることもできますが、やはり神社での白無垢には敵いません。日本ならではの大和撫子、和装美人として当日迎えることができます。第三に二人で行う儀式です。神前式には儀式の流れがしっかりと定まっています。

二人で夫婦になる初めての儀式を行うと絆もより深まりそうです。第四に挙式先に今後何度も足を運ぶことができるということです。ここがとてもおすすめな所で結婚式場は結婚式終了後はそう足を運ぶことはなくなります。

一方、神社はどうでしょうか。お正月のお参り、子供が産まれたらお宮参り、七五三と、これから長い付き合いをしていくことができるのです。二人の始まりの場所がいつまでも何度も訪れることができます。最後に現金な話になってしまいますが、他の挙式形態と比べ価格設定が安くなっています。挙式代を抑えて他の内容に資金を回すことも可能でしょう。

簡単ではありますが上記でまとめさせていただきました。これから挙式を控えている花嫁さんにご参考になればと思います。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *