Skip to content

結婚式を挙げる場合に神前式を選択するメリットとは

日本人が結婚式を挙げる場合、多くのカップルは教会式を選択しています。宗教活動が行われているカトリックやプロテスタントの教会で結婚式を挙げる場合には、その宗派に所属している必要があります。

キリスト教徒以外の人が教会式で結婚式を挙げる際は、ホテルやブライダル業者が所有する結婚式専用の教会施設が利用され、アルバイトまたはブライダル業者の職員が扮した、“偽者の”牧師さんによって式が執り行われます。リゾート地にある教会で結婚式を挙げる場合は、教会風の結婚式場でキリスト教の宗教者に扮した人によって式が執り行われることになります。ブライダル業者の教会で結婚式を挙げる場合には形だけの式になってしまうので、本物志向が強い人にはおすすめできません。

神前式の結婚式を挙げる場合には神社に所属する神職によって式が執り行われますが、宗派や氏子地域に関係なく誰でも自由に式を挙げられるというメリットがあります。神社神道には仏教の檀家制度に似た氏子の制度が存在しますが、他の神社でも自由に参詣することができます。神道には宗派や教義の違いが存在しないため、氏子区域以外の神社でも自由に参拝したり、神前式の結婚式を挙げることが可能です。

神前式の結婚式は宗派や氏子制度に関係なく、自由に好きな神社でも本格的な挙式(儀式)ができるというメリットがあります。神道形式の結婚式は自由に神社を選択することができますが、アルバイトの神主などではなくて本当に神社で神職として奉仕している人によって式が執り行われます。

希望すれば京都にある世界遺産や国宝クラスの有名な神社でも、宗派や氏子に関係なく誰でも本格的な神前式の挙式を挙げることができます。神前式の挙式はリゾート婚を希望する本物志向の強いカップルにおすすめです。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *