Skip to content

今こそ神前式で、記憶に残る結婚式

一生に一度の大切な思い出にしたい結婚式。どんな場所で、どんな式や披露宴をするか、婚約したカップルは夢を膨らませながら、あちこち下調べをするものです。

ひとくちに結婚式といっても、今は様々なタイプがあります。家族だけで行う質素な結婚式もあれば、たくさんの友人知人を招待し、思い出の土地で華々しく行う結婚式もあります。新郎新婦の誓いの場として、チャペルで執り行う教会式、招待客全員が証人となる人前式、神社や神殿で執り行う神前式などが一般的です。

その中でも、今改めて魅力が再認識されているのが神前式です。日本の神話の中で性別を持って生まれた「イザナギノミコト(男神)」「イザナミノミコト(女神)」が、天の御柱を巡って結ばれ、この日本に多くの神を生み、日本が始まったと言われています。

2人の神の強い絆により、新たな命が生まれ、次世代へと育まれていく事を願う、そんな思いが、結婚式には込められています。現在の神前式の基礎となったのは、明治33年5月10日、宮中賢所大前にて執り行われた皇太子であった大正天皇と九条節子(貞明皇后)の婚儀です。

翌34年、この婚儀に基づき、神前結婚式の次第が定められ、古来から伝統的に行われていた各家庭の婚儀の風習とともに、現在の神前式の形へと継承されました。海外から日本文化を評価されるようになって久しく、日本人自身にも日本回帰の風が吹き、神前式の荘厳さや和装の美しさが見直されています。

神社で粛々と執り行われている様子は、唯一無二の美しさで、人々の心により深く記憶されるのです。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *